2010年07月18日

胃痛を解明!胃病参考書【目次】

胃痛に対する考え方、症状や対処法などを掲載しています。
ごゆっくりお読みください。

【笑って帰っていってください】(新カテゴリ)

(MAD)北斗のクレヨンしんちゃん

この動画はYouTubeですごく評価が高かったです。



【症状や対処法】


胃炎について

胃痛を掘り下げてご説明します。

知っておいてほしいポイントは3つ

事前予防にもなります。

妊娠初期の胃痛についてまとめました

想像以上に辛いようです。

食後の胃痛についてまとめました

こういう栄養素が効果的です。

和らげる系の食事・食材

身近にあるものを紹介します。

飲みすぎたときなど

効果のあったものを紹介します。

家計にやさしい対処法

ツボの効果などをまとめました。

軽い症状から重い症状へ

放っておくと、思わぬ重症になってしまいます。

継続して飲むと効果の現れる水

ミネラルって体に良い効果があるんです。

胃酸を抑える為にすること

改善するために、下地作りをしましょう。



【考え方・その他など】

漢方と保険について

予備知識として覚えておいていただければと思います。

胃痛とは?についてまとめました

頑丈な方に、是非知っていただきたいことです。

胃痛に対抗する考え方

頑固ではなく、強い意見を持ちましょう。

ポジティブ思考

少しソフトに考えました。

我慢は体に毒!?

もっと自分を大切にしてあげましょう。

ストレス解消について

集中できる「何か」を探しましょう。



【原因など】

原因がコーヒーと言われていることについて

納得いかないので考えてみました。

胃腸虚弱について

過去に虚弱体質だった頃の、私のエピソードです。

原因と症状を大まかにまとめました

こういう経過でなります。

主な原因をまとめました

誰しも心当たりのあるようなことだと思います。


※現在このページはスパムコメント対策をしており、投稿できない状態になっております。
 他のページは許可していますので、みなさまのコメントお待ちしております。
posted by めたす at 00:19| Comment(6) | 胃痛な話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

面白い動画見つけました!

(注)この記事は、胃痛のことを少しでも忘れていただこうと思って投稿しました。
   悪ふざけの投稿ではないので、真剣に胃痛のことを考えている方も、
   温かい目で見てください。

   それからもうひとつ。
   胃痛に関して、最近書くネタが少なくなってきたので
   こういう記事の路線で行こうと思っているのですが、
   皆様の評価で決定していきたいと思います。

   ご面倒でなければコメントしていただけると嬉しいです^^




それではここからが本文です。↓


みなさん、毎日胃痛で憂鬱になっていませんか?
そんな時は少し気を紛らわしてみましょう!

好きなことに没頭するのもいいですし、それが面倒ならばボーとしておくのもいいです。
とにかく胃に集中する時間を少なくしていきましょう。

と、言う方は簡単ですが、
いざこれを実践しようと思ってもそうはいかのきんなんとやらです。
簡単にそんなことができるのならば、こんなサイトには訪れてないですよね?

そしてこのサイトにもみなさんが期待するような【画期的な対処法】なんてものはないです。
(言い切っていいんでしょうか?)

掲載している情報は、どの方法も地道な努力が必要ですし、
効果があらわれるまで時間がかかるものばかりです。
それに効果といっても人それぞれなので、どの人にどの方法があうのかはわかりません。

でも頑張ってゴール(回復)を目指していきましょう!
そのために私も色々と考えました。

今まではどちらかというと内科的なことを書き込んでいたのですが、
これからは憂鬱な気持ちが少しでもハッピーになるようなことを書いていきたいと思います。

ということで、せっかく当サイトを訪れてくれたんですから、
ちょっとだけ暇つぶし感覚でこの動画を見てみませんか?

この動画はすごく有名なんで、もう見たことがある人は多いかもしれませんが、
アニメやコミックで有名な北斗の拳とクレヨンしんちゃんを知っている人は
笑えると思います。



それではどうぞ^^
※携帯電話からだとパケット代がかかります。





いかがでしたか?

こんな記事要らない!とお怒りの方も、
またこんな記事を見たい!という方も、
やわらかいフニャフニャしたコメントをお待ちしております。
posted by めたす at 00:11| Comment(1) | 忘却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

食後の胃痛をなんとかする方法

食事をしてすぐに痛くなるという、食後の胃痛。
すぐといっても、時間にして数分でなるものは、便秘らしいです。
はやくても、食後30分〜1時間ぐらいの時間をおいて、胃痛になるみたいです。

食後に胃炎や胃痛を起こす人の原因として、
他の人より活性酸素が多いことがあげられます。
活性酸素とは、酸素が体の中で変化したもので、生きていくために必要不可欠なものです。
活性酸素がないと、外部からの異物である、微生物をやっつけることができなくなります。

さて、原因の話に戻りますが、
胃酸の出すぎやその酸性度が強いと、これも原因になります。
食事をし終わった後、食べ物がお腹に入っているわけですが、
それを消化する為に、胃酸が分泌されます。
そして、食物と混ざり合うために、胃が活発に動きます。
このときに、痛みを感じるわけです。

ほかにも、胃が細菌に感染し、(医学的に難しい説明を伴いながら)
胃痛になります。
とりあえず、原因を追究していくと、
あまり聞きなれないような言葉だらけになってしまうので、この辺でおいといて、
次は対処の仕方にいきたいと思います。


あまりに多すぎる、活性酸素の働きを抑えるには、
ビタミンC、ビタミンE、ベータカロチン、ビタミンA、グルタチオン
が効果的のようです。
グルタチオンとは、あまりききなれない単語ですが、
ブロッコリー、ほうれん草、牛レバー、アスパラガス、アボカド、ビール酵母
などに含まれているようです。 

症状がひどいときは、しかるべき医療機関に行くことをお勧めします。
しかし、それほどひどく痛まない場合ならば、自分で治療することも可能です。

私ができそうな範囲で言うと、
活性酸素を抑えるために、にんじんやブロッコリーなどを、
しっかり食べることぐらいですが・・・。

ほかにも、漢方薬を飲んだりすると、さらに効果的だと思います。
アロエもいいようです。


【追記】
食後の胃痛について、「原因」を加えさせていただきます。
尋常ではない痛みを感じる方は、以下に挙げるような可能性もあると疑ってください。

・胆石症
・胆嚢炎
・膵臓炎

いずれも、「背中が痛い」といった症状を伴うことがあります。

私はあなたの健康が心配です。
この症状を何かにメモでもして、病院で検査を受けることを推奨します。
ラベル:原因 対策
posted by めたす at 22:53| Comment(0) | 治療法や対処法の提案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

胃痛と胃炎について

胃痛を少し掘り下げて、「胃炎」を少し詳しく取り上げたいと思います。


この胃炎とは、
胃の粘膜がやられてしまい、普通ではない状態のことを言います。
そして症状によって、
「急性胃炎」「慢性胃炎」というふうに、分けて考えます。


まずは【急性胃炎の原因】をご説明をします。

こんな胃痛を体験したことはありませんか?
例えば、
・熱いものの取りすぎで
・冷たいもの
・刺激物(辛い物、コーヒーなどの香辛料)
・アルコールの飲みすぎで
などです。

(人によっては慢性化しているかもしれないですが・・・。)
とにかく、暴飲暴食をしてしまった後になりやすいです。
中には薬の副作用によって引き起こしてしまう方もいらっしゃるようです。

下に例をあげてみました。
(胃痛が激しい方、何か心当たりはありませんか?)

・解熱剤を服用した覚えがある
・強心剤
・抗生物質

これらに含まれる、薬の「成分」が原因として考えられます。

また、他には、
・ウィルスなどの細菌によって感染する場合
・体にもともとある菌の働きが異常になってしまう場合
・アレルギーを引き起こすものを食べてしまった場合
などがあります。

これらが急性胃炎にあてはまります。


では、次は【慢性胃炎の原因】について、
・・・を説明したいのですが、その前に一言。


慢性胃炎の定義というものが定まっていないということもあり、
ここであげることが確実な原因ではない可能性があります。
そのあたりのことを、何卒ご理解ください。


それでは改めて、原因をご説明します。

加齢による、胃の機能の低下によるものというのが一説にあります。
年齢を重ねれば重ねるほど、体は弱っていくものです。

これを原因として挙げたのは、
心と体は別物だということを伝えたかったからです。

若い方と同じように行動していると、
慢性胃炎になってしまう原因を自ら作り出しているようなものです。
(自分の年齢を考えて、自制するようにしてくださいね)

それと、急性胃炎であげた原因がありますよね?
それらをずーっと続けていくと、慢性化します。
つまり慢性胃炎になります。

胃痛という危険をお知らせする信号を感じているにもかかわらず、
・辛いものがやめられない
・コーヒーがやめられない
・お酒、タバコなどの刺激物がやめられない
などです。

また、お腹いっぱいまで食べることを続けるのもよろしくありません。
「食欲」は自分で意識して抑制しておかないと、
「ついつい」といったことになりがちです。

他にも、病院での検査を受けての結果によって、
「あなたは慢性胃炎です。」と言われることもあるかもしれません。
そのときはお医者さんに原因をおたずね下さい。


中々胃痛が治らないといった方は、以上にあげた原因を参考に、
なんとか自制して、これ以上悪化させないように、
取り組まれてみてはいかがでしょうか?
それがすなわち、「対策」になりますよ!
ラベル:原因 対策
posted by めたす at 09:51| Comment(0) | 原因と症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

胃痛の原因にコーヒーは関係があるのか?

胃痛を引き起こす原因として、ブラックコーヒーの飲みすぎをよく聞きます。
はたして本当のところはどうなのでしょうか?
もしそうならば、いずれコーヒーにも規制というものが付いてきそうですね。


コーヒーは世界中で愛飲されている飲物です。
これが胃痛の原因になるといわれても、じゃあ一体どうしろというんだ?
という話になってきます。
たしかに過度の摂取はよくありません。
でもこんなことを言ってしまえば、すべてのことがあてはまってしまいます。

過度をつかったものですと、
・疲労
・食事
・睡眠
・借金

あげれば相当数出てきます。
しかしこれらに共通していることは、「ストレス」につながっていることではないでしょうか。
そしていつも思うのですが、ストレスってもやもやしていて、
なんだかはっきりしないものです。
でも人にとっては、胃痛の原因となる厄介なものです。

仕事中にイライラして、コーヒーをのみますよね。
これの詳細って考えたことはありますか?

コーヒーにはカフェインが含まれています。
このカフェインには様々な効果があります。
しかし中毒となる恐れもあります。

中毒となってしまった場合、カフェインを摂取しないと、
・頭痛
・はきけ
・めまい
などが起こる可能性があります。

そうなるとコーヒーを飲まずにはいられなくなります。
だからコーヒーを必ず飲むという、サイクルができてしまいます。
そして人によっては大量に摂取するという、悪循環のサイクルもできてしまいます。

これらを総合的に考えた結果、胃痛までの流れとしては、以下のようになります。


ストレスがたまる

イライラするからコーヒーを飲む

カフェイン中毒になる

過度の摂取

胃痛になる


こうやってみると、コーヒーに原因があるのはまちがいで、
実はカフェインに問題があることがわかってきました。
カフェインの取りすぎには注意しましょうね。
ラベル:胃痛 原因
posted by めたす at 02:05| Comment(7) | 胃痛な話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

胃痛と漢方と保険の話

漢方は胃痛のみならず、体の調子を整える働きをしてくれます。
漢方薬の処方と保険について、知っておいたほうが良いことを少しお話します。

総合病院・大学病院などで処方してもらう場合、
健康保険が適用される既製品の漢方薬を使用しているので、お値段もそれほど高額ではありません。

しかし、漢方薬局(医師ではなく薬剤師等が漢方薬相談に応じる薬局)などのようなところでは、
煎じ薬のような漢方を調合してくれたりしますが、この場合、
保険適用にはならないので高額になります。

漢方専門医の診療所にても薬の種類によっては保険が適用されない場合もあるかもしれません。
この場合には上記の漢方薬局と同じように、高額になるかと思われます。


胃痛に効果があるといわれている胃薬(漢方薬)の効き目は、症状によって異なります。
基本的に、気長な気持ちで治していくことになると思います。
でもここで注意していただきたいことがあります。
それは、病院で検査もせずに自分で治そうとする行為のことです。

まずは消化器科などの専門の医師に相談すべきだと思います。
吐き気や痛みなどの症状が薬で緩和し、
重大な病気も隠れている場合もあるので、病院で検査をして下さい。


余談ではありますが、病院で検査をしても原因が分からないこともあるようです。
酷い胃痛のときは、食事をとるだけでも大変な思いをすることになります。
気休めではありますが、「大豆食品」が摂取しやすいということを聞きました。
豆腐などの大豆食品なら、わりと痛みが少なくなるようなので、参考までに覚えておかれてください。
ラベル:対策
posted by めたす at 15:14| Comment(0) | 胃痛な話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

これだけは知っておこう!胃痛時の対処法

改めて考えてみると本当にひどい胃痛のときは、
すこしでも楽になりたいと思うと思います。
ですから、即効性はないんですが、これだけは知っておいてほしいことを伝えます。


まず、食事のときはよくかんで食べることです。
唾液を多く出すことはいいことです。
怪我をしたときに、
「唾でもつけとけば治る。」というようなことをいわれた覚えはありませんか?

唾液にはそういうような力があると思ってください。
ということはお腹にやさしい柔らかい食事ばかりになると、
唾液があまり出なくなってしまうので、
水分をこまめに補給したり、なるべく長くかむようにしたりして調整しなければなりません。


それから胃は鍛えることができないので、
しばらくは痛みとともに生活をすることになると思います。
医学的根拠があるので、気を紛らわすという表現は適切ではありませんが、
漢方は効果的です。

「病は気から」というように、少しでもよくなると思えば、体がそれに反応します。
コレって意外に重要なことなんですよ。

どの漢方が一番いいのか?と言われると非常に困りますが、
とりあえず漢方には、臓器に効果があるものがほとんどですし、
抗生物質ではないので、副作用をあまり気にしないでいいという利点があります。
もちろん抗生物質のほうが即効性はありますが、
漢方には欠点が少ないというのが特徴です。


きつくて横になりたいときは、できるだけ我慢をして座るようにしまょう。
特に食事をした後は気をつけてください。
体が横になっていると、食べ物の消化が遅くなるので、胃痛が悪化します。


まとめ
・唾液は大事
・病は気から
・食事の後は、横にならない
ラベル:胃痛 対処法
posted by めたす at 01:20| Comment(2) | 胃痛な話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

頑丈な人にも胃痛を知ってほしい!

健康な人、頑丈な人に、胃痛がどれだけつらいかを知ってもらうために、
いろいろな症状を集めてみました。

まず、一番多いのが、ストレスからくるものですが、
これは、検査をしても異常なしというケースが多数あるようです。
本当に苦しいのに、医学的に証明されない悔しさも重なり、
さらに症状が重くなったりもします。

食物アレルギーが原因で、胃痛になる人もいます。
食あたりになることで、食べたものが胃から十二指腸に移送されるまで、痛みは続きます。
食べ物が移送されるまでにかかる時間は、大体3〜6時間かかるようです。
痛い3〜6時間は、とてつもなく長い時間です。

それに、食物アレルギーの場合、湿疹やかゆみを伴うので、辛さは尋常ではありません。
全身蚊に刺されたら、と思ってください。
かゆいし、痛いしで、もうめちゃくちゃです。



あれ?いつもと違うお腹の痛みがある。
普段健康な人も、たまにこういう違和感がありませんか?
便が出そうなお腹の痛みではなく、横っ腹が痛いような感覚。
程度にもよりますが、胃痛の可能性があります。

ひどくない場合は1晩で治ることもあります。
どうしても胃の不快感があり、つらいときは、心療内科で処方される薬が効くらしいです。
薬の効果としては、胃が楽になり、気分が晴れるという効果があるようです。

胃痛を10年も患っているという人は、思いのほかたくさんいます。
誰かに痛みをわかってもらえるだけでも、気の持ちようが違います。
本当に辛いんだ、ということをわかってもらえれば幸いです。
ラベル:胃痛
posted by めたす at 04:25| Comment(0) | 胃痛な話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

胃痛になることで、精神面を鍛える

これはどういうことかと言うと、胃痛になるということは、精神面が弱いということで、
だから鍛えようではないか、ということです。

私自身、頻繁に胃痛になるので、これは自分に言い聞かせるように考えてみたことです。

鍛えるといっても、悪ふざけ程度で鍛えようなんてことではありません。
考え方を見直し、強い意見を持つという鍛え方をします。

まずは、嫌なことは嫌と言えるようになる鍛え方です。
これを言うようになるには、ある程度の個人の力が必要になってくると思います。
元々気が小さい方は、少し難度が高いかもしれません。
私は気が弱いので、相手に強引にねじ込まれ、胃痛が絶えません。

原因はわかっているので、そこを鍛えればいいんです。
仕事で言うなら、ある分野においては欠かせない人物になるとかです。
それに、その人との関わりが悪くなっても仕方がないという気持ちです。

資産面でも強くならなくてはなりません。
浪費をせず、ある程度の期間は何もしなくても、
生活できる程度の資産は、あったほうが強く出れます。

相手の強引な意見を、拒否できる気持ちも大事です。
相手から、「こう言ったじゃないか!」的なことを言われても、
「いや、そんなことを言った覚えはありません。」という風に、
言えるようになりましょう。

家族はもちろん大事です。
守るものがあると、人は弱くなってしまいます。
しかし、守り人である自分が弱いとはどうでしょうか?

客観的に見れば、答えは出ると思います。
強い意志を持たなければ、現代では骨までしゃぶられてしまいます。

と、いろんな勝手なことを言ってしまったのですが、
まずは私が実行しなければなりません。
書いていて思ったのですが、私はなんと気の弱い奴なんだろうと思いました。
ラベル:胃痛
posted by めたす at 18:21| Comment(0) | 胃痛な話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

胃痛、胃もたれにウコンの力が最高!

最近飲み会がやたらとあって、二日酔いはもちろん、胃もたれもひどかったです。
私と行動をともにしていた友人も、胃痛と胃もたれにやられたといってました。

それで、色々な薬のようなものを試してみました。
飲む前に飲む、大正漢方胃腸薬。
これはかなりいい感じだったんですが、飲む前に忘れていることがほとんどでした。

飲む前に食べ物をたくさんお腹に入れれれば良いんですが、
そういうお気楽な場ではないことのほうが、今回とても多かったんです。

本当に参りました。
来る日も来る日も、2日酔いのまま仕事をこなし、そのまま飲み会。

こんな生活もう嫌!

それでも人生を投げ出せないという、なんともどうしようもない感じ。
そこに救世主が現れました。
それこそが、「ウコンの力」です。

存在は知っていたのですが、名前からして買う対象にはなっていませんでした。
でも飲んでみるとあらびっくり。
味は悪くないし、胃もたれもバッチリ解消されているではありませんか。

ウコン最高です。
どうやら漢方のようですが、漢方薬ってすごいですね。
体にいいものだらけです。

私の周りにも、私と同じく、体に良くないことをせざるを得ない人たちがたくさんいるので、
教えてあげたいと思います。

ウンコじゃないよ、ウコンだよ。

ちなみに少し調べた雑学ですが、
ウコンって生姜の仲間みたいです。
生姜も胃痛や胃もたれに効果が期待されるので、
そういうのを料理として出してくれるようなところに行きたいものです。
ラベル:胃痛 対処法
posted by めたす at 00:49| Comment(0) | 治療法や対処法の提案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。